秋の夜道


 



[ 秋の夜道 ]

                    2020年10月25日 作曲 松野聖史
                    2020年10月27日 作詩 松野聖史


ついこの間まで

まだこの時間は明るくて

こうやって歩いて帰っていると

だんだん汗ばんでくるぐらい暑かったのに

ふと気が付いたら

すでにあたりは暗いじゃないか

肌寒くもなってきているではないか

ひとり仕事の帰り道

なんとなく顔を上げて

暗くなった空を見上げたら

なんとすてきな満月よ

月明かりのもとで樹木の

燃えるような紅色が映える

そのさまはまるで

これからやってくる冬に向けて

精一杯のいのちの炎を

燃やしているかのようではないか

こいつぁ僕も負けてはいられない

明日も精一杯頑張らなくちゃ

紅色の樹木の隣を歩きながら

そんなふうに感じたんだ

月明かりの秋の夜道で




無断録音、無断公開、転載等を禁じます

トップへ
戻る


(C) Copyright 2001-2022 MATSUNO Seiji